自然界のひとりとして

今日一日、腹をたてぬこと。
今日一日、悪口をいわぬこと。
今日一日、おたがいに感謝すること。
毎朝、全員で、声をあわせる。
蔵には、酒の神さまがいらっしゃる。今日一日の声を清め、こころたばねて、蔵にはいる。

  • いまから、50年まえ。
    十七代蔵元仁井田やすみつは、
    御神酒としてふさわしい酒をつくると志す。

  • より豊かであるように。
    より清らかであるように。
    神様に、よろこんでいただけるように。
  • 自然界のひとりとして、
    米も水も人も、
    ひとしく天然無垢であること。
  • それから50年。
    蔵の志は、さらに深まる。
    仕込むすべての酒は、無農薬・無化学肥料の自然米と、天然水だけでつくられている。