田んぼのがっこう

まなぶ、はたらく、よろこぶ

田んぼのがっこうは、ことしで十三年めをむかえます。日本の田んぼを守るため、蔵の夢をかなえるため、自社田のお手伝いをしていただいています。

  • 五月下旬の田植え、六月中旬のウィーディング(手入れ)、そして十月は稲刈り。
    おとなも子どもも朝から力をあわせて働き、お昼を食べ、
    午後はワークショップなど楽しんでいただける催しがあります。

  • 回をかさね、作業に慣れた方も増えてきました。
    みなさまが収穫した自然米は、
    蔵元が責任をもって醸造・瓶詰をいたします。
  • 田んぼのがっこうの卒業式は、三月末。
    それぞれ酒瓶にラベルを貼り、
    お酒を完成させ、卒業となります。